もどかしい

こんばんは。
ヤフーメール、朝から見れない状態が続いています。「昼すぎには治るだろう」と、根拠もなくタカをくくっていましたが、午後8時現在でまだ復旧していません。
最近多いですね、大丈夫かな。

さて今回は、RGガンダムmkⅡです。

mk2a

付属のシール(リアリスティックデカール)は、何とか全部使い切りましたよ。
肩の解釈は、やはり設定画どおりにはいかない様ですね。
設定画だと、肩口から出ているフレームが、そのまま肩ブロックに食い込んでいました。放映当時、コミックボンボンを欠かさず読んでいた私は、「これだと腕を前後にスイングできないな」と思っていましたが、プラモではこのフレームを肩ブロックの所からスパッとぶった切ることで、設定画の矛盾を乗り切っていました。
mk2b

mk2c

mk2d

後姿がカッコ良いなと思います。
mk2e

私にとって初めてのリアルグレードでしたが、ビックリすることばかりでした。
ある程度骨組みが組み上がった状態で、ランナーにくっついています。手首も、手の甲以外は、指が曲がる状態でそのまま一つの部品に。どうやって作っているんだろう。
そういう訳で、部品は多かったけれど、大変作り易かったです。
それではまた。





スポンサーサイト

完成しました

こんばんは。
V2制作の進捗が遅かったので、昨夜は「夜通し作るぞ」と鼻息荒く決意したのですが、午前1時半に力尽きました。
靴屋さんの様に、寝てる間に小人さんが作ってくれればいいのに。

結局、全部作り上げたのは今日の午後9時でした…

V2完成1
相変わらず写真が上手に撮れない。見苦しくて失礼

V2完成2

背中の出っ張り(ミノフスキードライブ)のおかげで奥行きが凄いです。小型MSなのに飾るのに場所とりそう。
V2完成3

この前作ったヴィクトリーと
V2完成4

コアファイター
V2のコアファイター長い!V2の身長よりも長いのです。
V2完成5

特に手を加えた所はありません。ヴィクトリーの時と同じく、股関節の軸を上下逆にした程度です。
制作技術の向上はもちろんの事、それ以前にカッコ良い写真を撮れるようになりたいものです。
それではまた。


V2ガンダム経過報告

こんばんは。
御嶽山の噴火のニュース、登山客が撮影した噴火の様子や避難している様子がテレビで流れてますが、改めて「日本は非常にスリリングな土地の上に成り立っているのだなあ」と思います。
富士山が世界遺産になって以来、多くの人が富士山を訪れているけれど、これに誘発されて噴火しないよう祈ってます。

さて、先日買ったV2ガンダムの途中経過です。午前9時ころから作り始めました。

お昼頃の様子
V2途中1
ん?3時間もかかってこれ?

午後4時ころの様子
V2途中2

午後9時ころの様子
V2途中3

なんだかすごくペースが遅いです。今夜中に完成させたいと思っていますが、間に合うかな。


やっとプラモ以外の話

ずっとプラモネタばかり書いていましたが、今回初めて本の事について書きます。

昨日タムタムでV2ガンダム買ったついでに、本屋さんに立ち寄り、面白そうな本を見つけました。

本0926

本のタイトルの通りですが、どんな本かというと、「乗り物や家電製品、日用雑貨など、私たちの身の回りにあるものには、こんなにすごい科学の力や技術が生かされているんですよ」という内容です。
子供の頃から時計や電卓、ゲームウォッチを分解しては(ネジを外す程度です)、分かりもしないくせに「なるほど」なんて事をやって遊んでいた私にとっては、すごく面白い本です。
科学の知識なんかなくても、なんとなく分かった様な気分にさせてくれます。

vol.2ということなので、vol.1がないかと探したんですが、見つかりませんでした。

お買いもの

こんばんは。
今朝、部屋の窓を開けると、外から風に乗ってキンモクセイのいいにおいで満たされて、非常に幸せな気分で目覚めました。
天気も良かったし、家に閉じこもっていては勿体ない気分でしたので、電車で30分の所にあるタムタム(模型屋さん)へ行きました。
地元にも模型店やらプラモ置いてある店はあるんです。しかしなにぶん田舎なので、「これが欲しい」と思って買いに行っても、高確率でそれが置いておらず、ガッカリするんです。ならば、最初から大きくて品揃え豊富な店に行こうと考えたのです。

タムタム素晴らしい、決して私の期待を裏切らない。今日買ったのはコレです。

V2a

直近で作ったのがVガンダムだったので、ちょうど良いかな。
今回もHGカスタマイズキャンペーンという事で、おまけの武器をくれました。しかも3つも!タムタム大好きだあ(^o^)

V2b

V2作成の経過は、追々載せていくつもりです。いきなり「完成しました」かもしれませんが…
それではまた。

Jagt

こんにちは
昨日とはうって変わって快晴です。どこか出かけないと勿体ないくらい良い天気でしたが、私はブログを書いています。

さて、ロボではヤクトドーガやヤクトミラージュ、戦車にはヤクトパンサーというのがありますが、そもそもヤクトとはどんな意味なのでしょう。
また調べましたよ。語源はドイツ語のjagt(ヤークト)で、「狩りをする」という意味だそうです。戦車の世界では、しだいに「対戦車兵器」という意味で使われたんですって。

そこで今回は、「逆襲のシャア」よりギュネイのヤクトドーガです。
ヤクト1

ヤクト2

ヤクト3

各部の金色はゴールドリーフで塗っていますが、写真だと「くすんだ黄土色」みたいになってしまいました。
盾の中央のあるエンブレムは、プルプルしながらチタンゴールドで塗っています。こっちのゴールドでまとめた方が良かったかな、とも思います。
ヤクト4

ヤクト5

モノアイにはいつものHアイズを使っています。これを組み込むために、顔のマスク部分を裏側から削って薄くしていたところ、削りすぎて割れてしまいました。修復したけれど、何とかごまかせているかな。

しかし派手な色使いのMSですよね。百式は言うまでもないことですが、兵器として考えた場合、MSって目立ちにくい色にするとかいう配慮はあまり必要ないのかな。まあ空想のメカにケチ付けても仕方ないですね。
それではまた。




ドムドムハンバーガーって

ドムドムハンバーガー、最近あまり見なくなったなと思って検索してみました。
今でもあるにはあるんですね。ダイエーの系列とのこと、どうりで減ったはずです。イオンに吸収されてダイエーという屋号ももうすぐ消滅するそうですね。
盛者必衰、平家物語って深いなあ。

そういう訳でじゃないんですが、今回はhgucドムです。

ドム1

左胸の丸い部分と、バズーカのスコープ部分は、Hアイズをはめ込んでいます。
ドム2

ドム3

ドム4

足の裏と腰の後ろのスカートは、好みでリックドムにもできるように別パーツがついています。写真のは普通のドムです。
それと、リックドム用にゴツくてデカいビームバズーカも付いています。
ドム5

いつものように墨入れは鉛筆で行い、クリアー(つや消し)を吹いています。
それで気づいたんですけれど、「つや消しで仕上げた方が何だか上手に見える」…気のせい?つやありより見栄えが良く見えます。
ただ、バズーカを肩に担がせようとした際に、肩と擦れて白く傷が付き、オロオロしました。吹き付けすぎですかね。

見てくださった方、ありがとうございます。
それではまた。





大きめロボ ガンニョム

こんにちは。晴れたり雨が降り出したり、何とも妙な天気の中でコレ書いています。

今回はhgucガンダムです。
これも部分塗装とつや消しクリアーのみです。しかし、私にしては珍しくヒケを消すなど、拙い技術の中いつも以上に丁寧に作っています。

ガンダム1

毎回代わり映えのしない写真ですみません(^_^.)
ガンダム2

ガンダム3

ガンダム4

息を止めて、プルプルしながら塗った目とその周り
ガンダム5

本キットにはコアファイターもついているのですが、作っていません。赤と青のパーツに色分けされているだけで、カッコよく塗れそうになかったんです…白く塗るのが苦手なんです…

1/144ガンダムのキットは、これの他に「G30th」も売っていたのですが、G30thは今風のアレンジが加えてあって、やけにシュッとしている印象があります。なので多少ずんぐりむっくりでも、小さいころにテレビで見ていたイメージに近いhgucを選びました。
思えば、子供時分に親から初めて買ってもらったプラモは、1/100ガンダムだったなあ。パーツを手でもいで組み立てて、色なんか当然塗らず、合体させてガシガシ遊んだなあ。警棒みたいに短いビームサーベルが、ランドセルを貫いていたなあ。バズーカとは別に砲身の短い武器がついていて、ばね仕掛けでミサイルが飛ばせたなあ。

…はっ!?思い出に浸りすぎました。
それではまた。







台風16号。何日か前までは「進路を予測しづらい台風だ」とテレビで言っていましたが、直撃は免れましたね。
でもその影響で、私の地元では朝から雨がシトシトピッチャンです。

さて今回はゲルググJ(イェーガー)です。

ゲルJ1

部分塗装にクリアーを吹いただけです。ギラドーガもそうでしたが、たまに気まぐれでつや消しに仕上げています。
モノアイはHアイズを使っていますが、顔が小さいのでほとんどわかりませんね。
ゲルJ2

ゲルJ3

ゲルJ4

いっちょまえに「見えない所も塗ってますよ」アピール。
ゲルJ5

元デザインはもう少しズングリしていますが、キットは顔が小さくてシュッとしていて、ヒーロー体型です。
また、背中に付けるプロペラントタンクもありますが、私の好みで付けていません。あんなに目立つ燃料タンクをぶら下げていたら、真っ先に狙われて引火してドーンて事になりはしないか、と常々思っています。
実際の兵器はどうなんだろう?

早くも第4回

こんばんは。現在午後10時半です。
秋分の日、如何お過ごしでしたか?
私は、このブログに載せるべく、手持ちのプラモの写真をシコシコ撮っていました(なかなか上手に撮れない…)。

さて今回は、hgucギラドーガです。珍しくつや消しで仕上げています。
モノアイはHアイズというのを使っています。最近はプラモグッズが充実してますね、便利な世の中になったものです。
ギラ1

ギラ2

ギラ3

ギラ4

ギラ5

これは非常に良いキットだと思います。武器は多いし、容姿もカッコいい。ハイザックなんかよりも、よっぽどザクの意匠を引き継いでいる様に見えるデザイン。お気に入りです。

肘や膝の可動範囲は、最新のキットと比べると狭いです。しかし、ガンプラによくある「コの字」に曲がる二重関節(関節としてデザインされているはずの蝶つがい部分を無視した関節の事、何でそんな所で曲げるかバンダイよ!)が、私はどうしても嫌いなので、ギラドーガはこれでいいのだ。

見た目を犠牲にしてまで可動範囲を広げる必要は、全くないと思います。最近だとヴィクトリーガンダムの膝がひどかったですね。曲げると関節がニョキッと伸びて、腿の長さがほぼ倍になる。だから私のヴィクトリーは、ポーズをとらずに飾っています。
ガンプラの関節については、今後もちょくちょく触れていくつもりです。最後の方はちょっと愚痴っぽくなりましたね、失敬。

それではまた。




プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR