できた できた できた

こんばんは。

教育テレビに、同じタイトルの番組がありますが、パクリではありません。全くの偶然です。

…ウソです。

さて、グフカスタム作成記事ですが、3回目にしてようやく完成しました。
昨日の時点でガトリングシールドを残すのみだったので、今日の午後にサクッと仕上げました。
ではご覧ください。

DSC09577.jpg

DSC09579.jpg
部分塗装とシャーペンで墨入れして、つや消しクリアーを吹いただけですが、カッコいいです。
それだけキットの出来が良いんです。
一つだけ文句をつけるならば、肩のトゲの曲がり具合。なんでこうしたのか、バンダイよ。

後ろ
DSC09580.jpg
合わせ目を消した個所は、肩アーマーとズボンのスソくらいです。それ以外で目立つ合わせ目はありません。
尻に二つある穴ポコは何だろう?組立図にも特に説明はなかったけれど。

DSC09581.jpg
メカメカしくて気絶しそうなほど素敵なガトリングシールド
構えた時に重みで関節がへたらない様に、わきの所に小さなストッパーが付いています。嬉しい配慮です。
でも盾として使うと危ないよ、コレ

DSC09582.jpg
刀はシールドの裏に収納できます。

DSC09583.jpg
グフの指マシンガンよりは、こっちの方が使い勝手が良いだろうな、と思います。
スコープの赤い部分は、付属のシールです。

DSC09584.jpg
ヒートロッド(というよりウインチ?)はリード線が付属しています。
組立図の作例では、ワイヤーがうねりながら射出される様子が、写真で掲載されています。
でも先端の分銅がまっすぐ飛んでいるのに、それにくっついているワイヤーがヒョゴヒョゴ曲がりながら飛ぶわけないですよね。仮にピストルの弾みたいに回転しながら飛ぶにしても、そこまでうねらないと思います。アニメ表現の矛盾。

DSC09586.jpg
刀(ヒートサーベル)は、黒鉄色にメタルカラーのアルミを塗って、ティッシュで磨きました。
設定では、「赤く熱を帯びた状態で敵の装甲を溶断する」そうなので、「普通の状態ではそんなに鋭くとがっていなくて良いんだろうなあ、焼けた鉄の様な黒ずんだ感じで塗ろう」と思いましたが、予想外に金属っぽく仕上がりました。
まあ、これはこれで良いかと思います。

最近写真が多いんですが、見てくださっている方、ありがとございます。
ところで今週末には、たぶん私はクロスボーンガンダムを買って浮かれていると思います。もちろん即買いしますが、この前タムタムでMさんが勧めてくれたアレも気になっています。
買うかも

それではまた。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR