まだ居たんだなあ

こんばんは。

近頃京都大学が何やらキナ臭いですね。
中核派とか何とか、1960年代から時間が止まっている様なニュースです。
なんて効果の長いザ・ワールドだ…

機動隊が強制的に立ち入った問題の学生寮の写真というのを見ましたが、まさに原作「ゲッターロボ」に出てくる「ハヤトの校舎」みたいでした。
例えが分かりにくくてすみません。

さて、今回は本のご紹介です。
と言っても、100円ショップのダイソーで買える「ダイソー文学シリーズ」ですけれど(^_^.)

DSC09606.jpg
本のチョイスを見ると、改めて「私って根暗なんだなあ」と思ってしまいます…

1冊100円(税別)で買えるし、難しい言葉の注釈もページの下についているので、いちいち巻末を見なくて済むし、読みやすいです。
挿絵はないけれど(^_^.)

あまり知らない作者の本でも、「100円ならいいや」と思ってつい買ってしまいます。
他にも、作者の生い立ちや、現在残っている資料などの紹介も載っています。

そういえば何日か前に「萩原朔太郎よりイケメンの文学者って居るの?」というスレッドをどこかで見かけました。
確かにカッコいいですね。

そういえばダイソーって、漢字で「大創」と書くんだけれど、やっぱり「大作」・「創価」の意なんでしょうか?
あまり追及しない方が良いんでしょうか?
ん?誰か来たようだ

それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR