プラモを作らない週末

こんばんは。
久しぶりにプラモを作らずに土日を過ごしています。

かえって不安だ。プラカラーや接着剤のニオイがしない週末。
あの科学のにおい…私は小さい時から灯油やら線路の枕木のニオイといった、いわゆる科学のニオイが大好きなんです。
嗚呼…

さて今回は、ハイコンプリートモデルのZZガンダムをご紹介します。

DSC09730.jpg

DSC09731.jpg

発売されたのは25年以上前ですが、買ったのは12年前です。ヨドバシで売れ残りの様に陳列されているのを見つけ、「いまさらこんなの買うのは私くらいだろう」と思って保護しました。
手足の力のかかる部分にはダイキャストが使われていて強度はそれなりにありますが、関節はプラプラしています。
そのくせ、ダブルビームライフルの砲塔部分はヒンジが非常に硬いです。
買った当時から恐々触っていましたが、今回とうとうバッキリやってしまいました。
この機会にいじり易い様に修繕してやろうと思います。

ちなみにこれ、HGUCのプラモでも完全再現できない分離・合体・変形ができます。
「こんなに昔のものがこんなに頑張っているのに」と考えると、HGUCのZZはプロポーションこそ良いけれど、差し替えだらけの変形なので、「現在の技術で作っているにもかかわらず、どうにもバンダイの本気度が感じられない。これ主役メカでしょうが」と言いたくなります。

DSC09729.jpg
ウォーカーギャリアの時にも書きましたが、昔のロボなので、設定画の腕の向きが「肘が内側に曲がる格好」がデフォルトのデザインになっています。Zガンダムもそうですよね。
なので、自然な腕の角度にすると、腕の内部が何ともひどい見た目になります。
メカとして考えた場合でも、これはないなと思います。手首をひっくり返してバーニアが出てくるんですが、腕の中がスカスカだし、バーニアに燃料を供給する仕組みはどうなっているんだろう、と当時から思っていました。

そんな事を話しても、共有してくれる人は私の周囲にはいませんでした。
大人になって初めて、こういう話ができる人と出会いました。
そう、このブログで時々登場するMさんです。
本当にMさんと出会えたことは私の財産だと思っています。

あ、別に私死ぬ訳ではないですよ。

話を戻します。
へんけ~い
DSC09722.jpg
どう見ても飛びそうにないデザインです。
本当は腕を90度捻るのが正しいのですが、もっと飛びそうに見えなくなるので、「これで良いでしょ」と思います。

分離して上半身のパーツが「コアトップ」に
DSC09725.jpg

おなかの部分がコアファイター
DSC09728.jpg
羽ちっさ、しかしコアブロックに完全変形します。

コアファイターと下半身で「コアベース」に
DSC09724.jpg

バックパックや腕のシールドを外した方がシュッとしてカッコ良いです。
当時は背中にゴテゴテしたものを背負ってるのがカッコいい、みたいな風潮でした。
DSC09733.jpg
そもそも羽がシールドになるって…ひどい解釈ですよねぇ

散々書きましたけれど、欲しかったから買ったんだぞ、ZZよ。

今回はこれで失礼します。
それではまた。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

んとね、腕をひっくり返す構造についてお答えしますね。
アナハイムに知り合いが働いているので聞いてみたんですが、その裏返った中の拳は実は開くそうなんです。
で、チョキの状態になってその指先にはエネルギーチューブがあり、ひじ関節を通して燃料を供給、そして廃棄している循環系を作り出しているそうです。















なんて、これはさすがに騙されないかwwww

にゃおーん!

Ayano

Re: No title

綾乃さん


いや ウソ太郎

テンメェまぁたウソつきやがったな!
ウソつくなっつってんだろが!

ヘイ、すいやせん
ウソつきやした。

ちょっと信じちゃったでしょうが!(^_^)

No title

わかんないことがあったら、何でも聞いてね!
あたしの知り合いはアナハイムにつtpm:kん¥・・・・・・
プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR