ゴリラとクジラ

こんばんは。

東宝で、久しぶりにゴジラの新作映画が作られるそうですね。
「技術面ではハリウッドにも負けない」
「大人も子供も楽しめる作品にする」
とのこと。
どうかその志を持ち続けてください。

私は特撮好きですけれど、昨今の特撮番組とか特撮映画には、少なからず憂いております。
偉そうな事を言いますが、今の特撮は「マニアが、自分たちが喜ぶものを最優先に作っている」様に感じられるからです。

現在特撮を作っている人たちは、おそらく小さい頃から仮面ライダーやウルトラマンや円盤戦争バンキッド等を見て育った人たちだと思います。
当時の特撮番組は、後年バラエティ番組で、あらすじやコスチュームの稚拙さ、緊張感のない演技などを取り上げられて、しばしば嘲笑のネタにされるものもあります。
しかしそれは、視聴者として一番のターゲットであるチビッ子たちが分かり易い様に配慮されているものであり、チビッ子たち(もちろん私も)は、正義のヒーローが悪者をやっつける場面を見て、「悪い事はしちゃいけない」「宮内洋カッコいい」などと感動したのです。

対して、現在の特撮(特にライダー)は、「一番大事にすべき視聴者は子供だ、という事を忘れてしまってはいないか」と思うのです。
世界征服をたくらむ悪の組織があるわけでもなく、主人公に「正義を守る」という志が希薄、あるいは更々持っていない。
マニアが凝ったストーリーを作るものだから、純粋な勧善懲悪すらそこにはない。
一般人が見たら、ついていけずにポカンとしそうです。

はたして今の子供たちは、こういう番組を見て、本当に楽しんでいるのだろうか。
カッコいい若手俳優を起用するのも、子供のお母さん方に媚を売っている様にさえ感じられます。
大きいお友達への配慮などは、別段しなくて良いのです。大きいお友達は、それでもついていくのです。

スタッフを特撮マニアでかためない
ターゲットを間違えない

最近の特撮は往々にして、こういった点を見失っているのではないかと思います。
キカイダーREBOOTとか
最近量産される人気アニメの実写化とか

平成ゴジラも、私の印象としてはあまりパッとしない感じです。
新作を撮るにあたっては、どうか以上の点を重視していただきたいと思うのです。
ハリウッドに負けないものにするために。
でも、ハリウッド映画って、何でもかんでも最後は恋愛につなげますよね。ああいうのはいらない。

長々と偉そうに描きましたが、特撮好きだからこそ厳しく指摘しました。
今回は何だかつまらない内容になってしまいましたね。
お詫びにこれで許してください
DSC09697.jpg

次回は明るい話題つくりに努めたいものです。
それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR