寒かった

こんばんは。

今日はやけに寒かったですね。
北海道とか東北の様子がテレビに出ていましたが、大水が出たりすさまじい雪が降ったりで、見ていて大変気の毒に感じました。
ウチの方では雪が降っただけでえらい騒ぎです。
今朝起きたらこんな状態でビックリしました。
DSC09873.jpg
お昼には溶けてしまいました。

さて、今回は本のご紹介です。学研の「大人の科学」です。
DSC09874.jpg

写真に写っているのは
「電子ブロック」「8ビットマイコン」「羽ばたき飛行機」
一緒に映っている赤い箱は「テルミン」です。

小学生の頃は、月に一度学校に本屋のおじさんが、科学・学習を売りに来ていました。
3年生までは、一部の子たちだけが手に入れているのを見て
「そもそもどういうシステムなのだろう?」
と思っていたものです。
付録がとても魅力的で、常々「自分もほしいな」と思っていました。
親に「勉強になるんだから」と無理にせがんで購読を始めたのは、4年生になってからです。

科学だけ買っていました。
子供目線では、どうしても科学の付録の方が面白いし、本の内容も理科系に重点を置いていて楽しかったのです。
学習は読み物が多く、どちらかというと文系的な内容でした。
付録も学習のは地味なものが多かったのですが、今になってみると、学習の付録の方がより実用的でした。
私は小さい頃は理系が好きだったのに、いつの間にか文系の学校に進んでいました。苦手ではないけれど、算数が面倒臭かったのです。

そんな科学・学習ですが、残念なことに現在子供向けのは売っていないんですね。
買える子と買えない子がいて、買えない子がかわいそうだ という理由との事。
う~ん 共産主義か

今もそうなのか知りませんが、少し前の小学校の運動会では、かけっこをしてもみんな一緒にゴールするという、馬鹿みたいな事が行われていたと聞きます。
普段勉強ができなくても、運動が得意な子が主役になれる 運動会とはそもそもそういう物でしょうに。
ちょっと脱線しましたが、
「人によって違いがあるのは当たり前じゃないか」と言いたかったのです。

そういう理由で、今では懐かしさを楽しむ大人向けの雑誌になりましたが、
やっぱり科学の付録は素敵☆☆

字が多くて読むのが面倒臭かったでしょうが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。
今回はこれで失礼します。
それではまた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

leokick

Author:leokick
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR